上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
blog | 2008/02/03(日) 03:37
こんばんは。明日は休みです。
そして明日は23時過ぎ頃夜行バスで長野へと向かいます。

どうでも良い情報ですが、そういうことになっています。
今日は朝起きてから寝起きの状態で「ショーシャンクの空に」を見た。
寝起きの状態の自分は色々な意味で人として最低の状態なのであるが、DVDには返却という期限があるため、仕方なく観た。
刑務所内の出来事を描いた映画なのだが、ラストではうるうるときてしまった。
( ;∀;)イイハナシダナーがなんども押し寄せてきた。
この映画を観て思ったのは刑務所というのは絶対的にネガティブな場所だけど、そこでの出会いというのは必ずしもネガティブなものだとは限らないと考えてしまった。出会いというものは引きこもっていない限り起こりうることであって、出会いというものは良いものであるなぁ、と思ったんです。
同じような刑務所モノの映画だと「ダンサーインザダーク」がありますが、好きな映画は何?って聞かれたら「ダンサーインザダーク」ってぼくは答えてるんです。
最近おすすめの映画は?って聞かれたら「それでもボクはやってない」って答えてるんです。

これらの映画は法が重要なテーマとなっているんですねぇ。
我々は果たして法に守られているのか法に縛られているのかなどとよくいいますけど、法律ってのは守るものでも縛るものでもなくてもっと違う次元のものだと思うんです。
たとえば空気ってのは人間は吸わないと生きて行けないわけじゃないですか。
じゃあ、空気ってのは我々を守ってるのかっていうとある意味守ってるじゃないですか。吸わなくては生きていけないから。
じゃあ、空気は我々を縛ってるのかっていうとある意味縛ってるじゃないですか。吸わなかったら死んじゃうわけだから。
法律ってのはそういう次元のものだと思うんです。

タイトルでいろはにほへとを続けてきたのですが、今日「ぬ」に達してしまった。
「ぬ」ときたら、次はなんなのかと考えるのが通常の人間の思考回路です。
次は「る」です。
「ぬ」ときて「る」ときたら、本来ならば「を」がくるのですが、
「ぬ」ときて、「る」ときたら次は「ぽ」にしたい欲求が押し寄せてくるのです。
でも、そこで「ぽ」にしたら「いろはにほへとちりぬる」まで繋げてきたこの10文字、つまり、タイトルに捧げてきた10日間はどうなるのか、ということです。
自分で積み上げてきたものの崩壊させるというのは非常に芸術的な行為であると思います。しかし、ここで「絶対に押すな」と書かれたスイッチを押したくなる欲求に近いものに負けてぼくは「を」でなく、「ぽ」と書いてしまうのか、果たしてどうなのか。

♪本日の一曲
トワイライト/GOING UNDER GROUND
スポンサーサイト
コメント (1) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://flusher.blog20.fc2.com/tb.php/472-879ee548
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント

「いろはにほへとちりぬる」は11文字だし。また凡ミスをやってしまった。最悪だ
2008/02/03(日) 05:58 はいやー URL [編集]







非公開コメント
カレンダー
 
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Twitter
 
Last.fm
 
プロフィール
 

Higher

  • Author:Higher




カウンツァー
 

ブロとも申請フォーム
 
バロメーター
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。